パーソナルカラー検定の対策講座

色彩技能パーソナルカラー検定® 検定概要

色彩技能パーソナルカラ検定 ®は、実務上必要な「色の見分け」に重点を置いた「実際に色を見分ける実力があるかどうか」を重視した試験です。

パーソナルカラー理論を色彩学に基づいて「色の属性による効果」として、はじめて理論化しました。

このパーソナルカラー理論は特許を取得しています。

表色系(色を表示するものさし)は『PCCS』と『マンセル表色系』を採用しています。

これら2つの表色系は、色彩のプロ同士が話すとき使う共通語のようなもので、実務で大変役立ちます。

 

〈モジュール1〉 

パーソナルカラーに必要な色の基礎知識と、色を見分けるポイントを学ぶ。

受講料:45,000円・税別

1.基本の色彩理論

2.パーソナルカラーの基礎的な知識

3.提示色の属性の理解と見極め

4.色彩調和/色彩効果

5.基本のカラーコーディネート法(配色)

 

〈モジュール2〉 

仕事で使うは色彩理論と多くの色の見分け、カラーコーディネート法を学ぶ

受講料:54,000円・税別

1.美容・ファッション・各種デザインなどの各業界で使う色彩理論

(照明や、マンセル表色系など)

2.2色以上の色の属性の比較と見極め

3.一般的なカラーコーディネート法(配色)とその名称

 

〈モジュール3〉

人にドレープをあて、色による顔の見え方の変化を実技により学ぶ

受講料:40,500円・税別

 1.モデルに2色の布(ドレープ)を当て、顔の変化を見分ける。

 2.パーソナルカラーの重要点、診断時の条件など パーソナルカラーの基本事項の理解。